2012年12月アーカイブ

みなさん、こんにちは。
SHINBIデザイナー養成科4期生です。

もう年末ですね、
年賀状の用意はされましたか?

今回は第2回大プレゼン大会の模様をお送りしたいと思います。
約1週間をかけて①クラスの隣人の名刺、②SHINBIさんの年賀状、③自分の年賀状
の3つの課題が出題されました。
前日や当日の朝は、いつもの和やかな雰囲気とは一転
クラス全体が緊張で異様な空気に包まれていました。(・.・`;)



いよいよ本番です!
プレゼンの発表する順番ですが、ホワイトボードに番号が書いてあり
そこに自分が納得ゆく順番の横に名前を自己申告で記入していきます!
一枚めの写真がそのときの様子だったのですが
・・・まるでオイルショックを再来させるような地獄絵図Σ(´δ`;) 
 
01.jpg


プレゼンの仕方は
一枚のシートで説明している方や、アートボードを複数使っている方、
レイヤーを使用している方など、みな様々でした。
これだけの人数のプレゼンを聴いていても同じ人はいないので、
とても刺激になりますし、勉強になります!

02.JPG

03.JPG

プレゼンのあとは、先生の批評のお時間です。
今回、批評して頂ける先生はなんと
開校約2ヶ月にして2回目の授業となるまぼろしのS先生です!
本音をおっしゃって頂けるので、
自分には何が足りないのか、どこを伸ばしてゆけばいいのか
とてもわかりやすく、非常に勉強になります!
そして、絶妙なアメとムチ!!(´・ー・)

04.JPG

最後に
S先生からの印象に残った言葉でお別れしたいと思います。
"グラフィックデザインは、文字組が重要!
 全体的なビジュアル(イラスト)をみてしまうけれど、
 ロゴや文字組に重点をおいて、
 イラストを取っても良く見えるように!!"



それでは、次回もお楽しみに!

上澤・土居・清水・菊地・鈴木

クラスメイトの名刺

| コメント(0) | トラックバック(0)

イラストレーターの基本的な操作を習得してから、一番最初につくった作品は自分の名刺です。
名刺は自分自身を表すツールだということで、一週間という決められた期限でフォントや色や配置など、
みんな思い思いのアイディアを絞って、初めての自分の名刺を作り上げました。
a_p1.jpg
二番目の作品の課題は他人の名刺をつくることで、隣同士などでペアになり、まず相手の好みやどんな
名刺を作って欲しいかなどの聞き取り〔→ヒアリング〕をしてから制作にかかりました。
自分の名刺と違って他人の名刺を作ることは難しいですが、デザイナーの仕事は他人の意図を汲み取り、
形にしていくことなので実践のための貴重な演習です。
簡単なラフが出来上がったら相手に見てもらい、意見を聞いて作品の直しをしたり、違う案を考えたりします。
この中間のすり合わせは相手とのイメージの相違を埋める大切な作業で、実際の現場では幾つかのラフを出して
イメージを合わせていくため、3案のラフを作り更に煮詰めていきます。
up_2.jpg

ラフの案としては、色違いなどではなく全く違ったテイストのものを用意すること。
作りこむ前に幾つかの案を出しておいた方が無駄な作業をしなくてすむからです。
また、相手の要望に添ったものだけではなく、しっかりしたコンセプトに基づき、相手の発想になかった自信をもっておすすめ
できるアイディアを提案し、相手の利益に繋がるような仕事ができることがデザイナーとして大切ということも学びました。
自分の発想にない作品を作ってもらうことでクライアントさんの立場を経験することができました
up_3.jpg
廣瀬・福島・吉川・渡辺・中里

はじめてのプレゼン

| コメント(0) | トラックバック(0)
みなさん、こんにちは。
SHINBIデザイナー養成科4期生です。

今年も残り一ヶ月を切り、冬本番といった寒さが続いています。
宇都宮のほうでは、今月の1日に雪が降りました!
平年よりかなり早い降雪とのことです。

さて、そんな寒さの厳しい中、私達は初の課題発表(プレゼン)を経験しました。
今回はその内容を紹介したいと思います(^-^)/

まずは準備として、作成したデータのプリントアウト。
初めての印刷ということもあり、この時点でみんな悪戦苦闘(>_<)
(印刷のやり方、文字と線のアウトライン化など)

QMA_01.jpg

実際に印刷してみると、色合いや文字の大きさがイメージと違っていることが多くありました。
これからはこういったことも考慮した上で、デザインを考えなければならないと感じました。

次に、グループディスカッション。
4人一組となり、作成した名刺のプレゼンをしました。
そして、そこで得られた改善点をもとにデータの修正も行いました。

QMA_02.jpg
午後からはいよいよ、本番のプレゼンです。
目安として一人につき3分間が与えられ、コンセプトやこだわった所、
デザインの意味などを発表していきました。

QMA_03.jpg
中には、名刺デザイン+コンセプトシートを作成して見せていたり、
実際に名刺を渡すシュミレーションを交えていたりと、
印象に残りやすいプレゼンをしている方もいらっしゃいました。

QMA_04.jpg
発表の後は先生からのコメントをいただいたり、改善点を指摘していただいたりしました。
先生からの修正により飛躍的にデザイン性が増し、
素材の配置と魅せ方についてとても勉強になりました。

QMA_05.jpg
また、デザイン自体のご指導だけでなく、プレゼン中の話し方や姿勢、
声の大きさについても教えていただくことができました。
プレゼンのやり方もデザイナーにとって重要な事柄なので、少しずつ良くしていきたいと思います。

以上が課題発表の流れです。
初の課題発表という充実した一日を過ごし、数多くのことを学ぶことができたと感じています。
プレゼンの時点では気づけなかったことや、改善すべき点を今後に繋げていきたいです。

先生、ありがとうございます!
QMA_06.jpg
最後に、私達生徒が作成した実際の名刺デザインをいくつか紹介して、
今回のブログ記事を締めさせていただきたいと思います。
(名前や住所などは架空のものです。)

Card_a.jpg
Card_b.jpg
Card_c.jpg
それではまた。

山﨑・長谷川・田﨑・髙木・髙林・熊倉

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。